酵素って何?

 

ここ数年酵素が美容や健康、ダイエットに効果が高いととても注目されています。
しかし実際酵素とはどのようなものなのか?よくわかっていないという人も多いのではないでしょうか。

 

酵素とはもともと私達の身体の中に存在する成分ですが、生活習慣や加齢によってだんだん減少していっていまいます。
私達の身体の中にある酵素は2つあり、1つは「消化酵素」、もう1つは「代謝酵素」です。

 

消化酵素は食べた食物を分解して吸収してくれる働きがあり、でんぷんを分解するアミラーゼ、タンパク質を分解するプロテアーゼ、脂肪を分化するリパーゼがあります。
そして代謝酵素は私達が生きていく上で欠かせない、呼吸や汗の調整などの生命活動を行い、身体の代謝を高める働きをしているのです。
そのためこの2つの酵素が減少していってしまうと消化や吸収が上手くできなくなり、代謝機能が衰えてしまうので新陳代謝が悪くなり、身体に老廃物がたまりやすくなり、身体の至る所に不調が出てしまうのです。

 

しかし減少してしまった酵素は外から補う事ができます。
私達の身体の中で作られる酵素は一生のうちで作られる量が決められているので、減少してしまうとそれ以上は作れなくなってしまいます。
そのため体外から「食物酵素」によって補う必要があるのです。

 

食物酵素は生の野菜や果物、生の肉や魚、そしてヨーグルトや味噌などの発酵食品に多く含まれています。
毎日これらの食品を食事にバランスよく取り入れることによって、身体に不足してしまった酵素を補うことができるのです。
しかし野菜などを生で多く食べるのは大変であったりなど、必要分の酵素を食べ物から取り入れるのが難しいという人も多くいると思います。

 

最近では数十種類から百種類以上の野菜や果物、野草などを配合した酵素ドリンクやサプリメントなどが多く販売されているので、手軽に補助食品として利用できるようになっています。
酵素不足になると冷えや便秘、肌荒れや痩せにくいなど様々な症状が起きてしまいますので上手に酵素を取り入れましょう。