酵素が体にいいというのは嘘!?

 

酵素が体にいいというのは、その歴史からみても明らかですが、酵素が体にいいのは生のまま吸収されてこそ、という見解もあります。
つまり胃の中で酵素が死んでしまっては、あまり体にとってメリットはないのでないか?という意見です。

 

酵素はよく熱で死んでしまうという表現がされますが、酵素の中には50度以上の環境に置かれると、壊れてしまうどころか新しい効果を生み出すものも多く存在します。

 

βグルカンという栄養素をご存知でしょうか?酵素は熱を加えるとβグルカンという栄養素に変化します。
このβグルカンは体質改善に非常に有効な栄養素として知られています。つまり酵素は熱を加える前はもちろん、その後でも体に非常にメリットある効果をもたらすのです。

 

酵素ドリンクに含まれている、100種類以上の様々な種類の酵素は胃に到達すると、胃酸によって化学変化を起こし、別の栄養素に変化します。これらの栄養素は体質改善に貢献してくれるため無駄にはならないのです。

 

このように、酵素のまま働くものもあれば、酵素が別の栄養素に変化してから体に働きかける酵素もあるのです。

 

酵素は熱によってその効力を失ってしまうと思い込んでいる人は、こういった酵素の知識が不足している場合が多く、また実際に酵素ドリンクを飲んだことがない人がほとんどです。

 

酵素が体にいいのは嘘なのか?疑問を抱いている人は一度酵素ドリンクを飲んでみるといいでしょう。
その効果に驚かれると思います。