酵素ダイエットはリバウンド率が低い!?

 

ファスティングダイエットをして、リバウンドをしてしまった経験のある方もいるのではないでしょうか。

 

リバウンドの少ないファスティングダイエットの方法として、酵素ファスティングダイエットがあげられます。

 

口コミでは、酵素ファスティングダイエットをして、リバウンドをしてしまったという方も見られます。
しかし、酵素ファスティングダイエットは他のファスティングダイエットよりもリバウンド率が低いダイエットです。
正しい方法で酵素ファスティングダイエットをすれば、リバウンドをすることはまずありません。

 

では、どうしてリバウンドする可能性の低い酵素ファスティングダイエットでも、リバウンドしてしまったという方が見られるのでしょうか。
それは、一言で言うと、正しい方法で酵素ファスティングダイエットを行っていないからです。

 

酵素ファスティングダイエットを失敗する原因として、酵素ドリンクについて正しく理解していないということがあげられます。
酵素ドリンクは、飲めば痩せる薬ではありません。
酵素を効率的に摂取するために飲むものであり、健康食品であるといえます。
酵素ドリンクは、体質改善を目的として飲むものです。

 

そして、人間の体の細胞が入れ替わるサイクルは、約三か月です。
つまり、最低3か月から半年は実践しないと、酵素の効果は感じることができないのです。

 

酵素ファスティングダイエットを失敗する方の多くが、3か月間続けることができずに「痩せなかった」と言って諦めてしまいます。
また、その後に、正しく回復食を食べることなく、通常通りの食事をしてしまうため、リバウンドの原因になります。ファスティング後にいきなり大食いをしてしまったりすると、通常時に大食いをするときよりもさらに太ります。そして、逆効果になってしまうということです。

 

酵素ファスティングダイエットの正しい方法としては、準備期間から回復食までを1ヶ月に1度行い、これを3セット行います。これで3か月かかります。
このようにして、長期的なスパンで行うのが、酵素ファスティングダイエットの正しいやり方です。これを正しく行えば、リバウンドをすることはまず無いでしょう。