酵素ドリンクで基礎体温を上げることができるってホント?

 

ここ最近になって、基礎体温の低い子供や大人が急増しています。健康的な人の平熱は36.5〜37.1度くらいといわれています。自分の平熱を測ったことがありますか?平熱が35度台をキープしている人は基礎体温が低いため、代謝が悪くなっている可能性があります。

 

基礎体温が低い状態だと、体内の酵素の働きが低下するため、代謝が落ち、免疫力も低下してしまうため、病気にかかりやくなってしまいます。

 

基礎体温を上げるためには、血行を高めるためにストレッチやジョギングを行ったり、これまでの食事を見直すことは非常に大切です。夜更かしをしてしまって、朝ギリギリまで寝ていると、朝食を食べる時間がなくなってしまうのはよくあることですが、朝に栄養を摂らないと午後からの体の代謝が悪くなってしまい、頭もボーっとしてしまいがちです。

 

睡眠中は起きている間に比べると体温が低下している状態ですが、朝にちゃんと栄養を摂ることで、睡眠中に下がっていた体温を上げる働きもあります。朝に栄養を摂らない生活を続けていると低体温症になってしまい、基礎体温を下げる原因にもなってしまうため気をつけましょう。

 

また、基礎体温が低い状態だと代謝が悪いため、ダイエットをしても下がりにくいなどのデメリットを招いてしまいます。最近流行のヨガやジムに通ってもなかなか体重が落ちない、落ちにくいと感じている人は一度、普段摂取している栄養について考え直してみる必要があるでしょう。

 

酵素ドリンクは普段の食事では補うことのできない栄養素がたっぷり入っているため、時間のない朝の栄養補給には最適な健康ドリンクです。

 

酵素がたっぷり詰まった酵素ドリンクを飲むことで、体中に栄養が行き渡り、基礎体温を上げることができます。
基礎体温が1度上昇するだけで、人の体の代謝は13%もUPするというデータもあります。

 

基礎体温が低いことで招く、肩こりや冷え性、体がだるい、体重が落ちにくいなどの自覚症状がある人は一度、体に不足している栄養素を酵素ドリンクで補ってみるといいでしょう。

 

>> 代謝を上げる人気の酵素ドリンクはこちらへ