酵素は摂取しても吸収できないの?

 

生野菜や果物に含まれる酵素は胃の中に入ると酸によって分解されてしまうので、体にはほとんど吸収されないという話を聞きます。

 

ですが実際、酵素ドリンクを飲んでいる人は肌の調子が良くなったり、ダイエット効果が出て体重が落ちている人も大勢います。

 

結果からみれば、酵素は私たちの体にいい影響をもたらしてくれていそうですが、実際のところはどうなのでしょうか?
食事で酵素が含まれる食材を摂っても、私たちの体には吸収されないのでしょうか?

 

酵素ドリンクに含まれている食物酵素は、私たちが口にした食べ物を、消化が良い状態にしてくれる働きがあります。
そしてこれらの食物酵素は、私たちが口にした食べ物に含まれている他の栄養素に働きかけることで、これらの栄養と結びつき、さらに強化した新しい栄養素を作り出しているのです。

 

そして私たちの体の中で、これらの新しい栄養素が吸収されると、体内酵素が活性化されるので、その結果代謝が高まり、健康な体に近づくことができるのです。

 

酵素は胃の中に入ってしまうと壊れてしまうという根拠のない話が蔓延していますが、酵素は胃の中に入った後も、私たちの体に様々なメリットを与えてくれるという実験データがあります。

 

がん予防研究の第一人者である、アメリカのジョンズ・ホプキンス大学のポール・タラレー博士が開発した機能性野菜、ブロッコリースプラウトを食べると、発がん性物質を解毒してくれる体内酵素が増加することが証明されています。
これは、ブロッコリースプラウトという野菜に含まれる酵素を摂取することで、体内酵素が活性化したことを示す実験です。

 

つまり、酵素は胃を通過した後でも死なずに生き続け、私たちの体の中にある別の酵素を活性化させる働きをもっているということです。

 

この実験ではブロッコリースプラウトという野菜に含まれる酵素による働きを証明する実験でしたが、酵素ドリンクには100種類を越える酵素がたっぷり入っています。
酵素には様々な種類があり、それぞれの酵素には役割があります。酵素ドリンクを摂取することで、いかに私たちの体に健康をもたらしてくれるかは、想像がつくでしょう。

 

酵素ドリンクに含まれている食物酵素には、そのまま体に吸収されて栄養となる効果はありませんが、私たちの体の中にある栄養素を強化して、その結果消化や吸収を高めるといった働きがあるのです。
酵素ドリンクを飲むことで代謝が高まり、ダイエットや美肌効果が得られるのはこのためです。

 

酵素は、私たちの体の中にある体内酵素に直接作用することで活性化し、私たちの体を健康にする働きがあります。

 

酵素はドリンクに含まれている酵素は、体の中にある栄養素と結びつくことで、新しく強化された栄養素に生まれ変わるのです。

 

つまり、酵素は摂取された後も、しっかりと体に吸収されて私たちに健康な体を提供してくれているのです。